おとといのD8の時点で育っていた卵胞は4個。
今回は少なめかな~と思っていましたが、D10の今日(2016年10月29日)、内診を受けると右に3個、左に4個♪合計7個に増えていました!
たった2日で!?
フェリング150が効いたんでしょうか?
内診台に乗ってモニターを眺めながら、一人興奮してしまいました(*‘ω‘ *)
全部採卵できるかはわかりませんが、採れそうな確立が上がったことが単純にうれしいです♪

卵胞は多い方がいい?

ひよことたまご

採卵は辛いし、お金もかかります。
だから、『1度で採れる卵子の数は少ないより、多い方がいい!』って気がしますよね。

でも、年齢や体質で同じ薬を使っていても採れる数は人により違います。
また、卵胞は育っても、中に卵子の入っていない空胞の場合もあります。
卵子の質が落ちてしまうこともあるそうです。

そして、卵子を採った後のことも考えてみましょう。
我が家は、精子の運動率が悪い(バラつきありますが2~20%でした)ため、顕微鏡授精です。
私の通っている病院では、4個までは4万円で顕微鏡授精できますが、それ以降は1個増えるごとにプラス1万円になります。
10個採れれば10万円(+_+)
多ければ嬉しい・・・ってわけじゃないですよね・・・

ワガママを言えるなら、『元気な卵が適度な数欲しい』です。
願うのは、数じゃないです。
できるだけ空胞が少なくて、採れた卵子達が順調に分割してくれることのみです。

人より卵胞が少ないかも・・・と悩んだら

私自身、35歳で薬で刺激して7~8個の卵胞が育つ体質なので、「すごく反応がいい」とは言えないと思います。
他の人のブログで「12個採れた」とか聞いていたので、1回目の採卵の時は、自分の卵胞の少なさにガッカリしました。

でも、今は違います。
多ければ良いってことはないです。
卵子の質を良くすために葉酸サプリ等を摂ったり、冷え性対策など、自分でできる体質改善はするとしても、それ以上に悩む必要はないと思います。

体外受精を始めて「他の人ってどうなんだろう?」と気になり、色々検索しました。
似たような人が妊娠していると私も妊娠できそうな希望が持てて嬉しいですが、反対に、採卵できなかったりと、私以上に大変でツライ思いをしている人も大勢いるとことを知ると、まだまだ泣いてられない!と勇気をもらえました。

数は少なくても、卵子が採れて、その子が元気に育ってくれたらOK!
10個採れても10人兄弟を育てるのはムリなので(^^;
気楽に構えて良い方向に考えた方が、赤ちゃんも気軽に来てくれるんじゃないかな~と考えています。