今日(2016年10月22日)で生理3日目。
土曜日ですが、病院へ行ってきました。
土日は混みますね~
とは言え、土曜日も治療ができるのはありがたい。

私は個人病院へ通っているので、普段は採血に並ぶことはないんですが、4人目でした。
注射待ちの時間って、微妙なドキドキがありますよね(+_+)

その後2時間待ち、診察を受けて採卵方法を決め、薬をもらって帰って来ました。

フェマーラを使います

フェマーラ

今回使う薬はフェマーラ2.5mg。
乳がんの再発防止に使われる薬で、卵胞を育てる働きもあるそうです。

来週から注射も始まり、たくさんの卵を育てて行くそうです。
注射は毎日通院か・・・と思うと、ちょっと・・・(--;
ですが、これで卵が育つなら!
やるしかないですね!

これまでの採卵について

実は、私は今回の採卵で3回目です。

1回目の採卵はショート法。
3個の卵胞が育ち、2個採卵できました。
2個とも顕微鏡授精で授精できたのですが、そのうち、1個は胚盤胞まで育ちませんでした。
残った1個の胚盤胞を凍結し、翌周期にシート法、アシステッドハッチングをして移植しましたが陰性。

2回目の採卵はロング法。
アンタゴニストの注射を使いました。
8個の卵胞が育ち、8個とも採卵できました。
ですが、顕微鏡授精できたのは5個。
そのうち2つの分割が途中で止まってしまい、まずは卵割が綺麗な受精卵を1個、4細胞で凍結しました。
残りの2個は胚盤胞まで育てようとしましたが、1個が途中で止まってしまい、胚盤胞は1個だけ凍結できました。
翌周期に先に胚盤胞を解凍し、前回同様、シート法とアシステッドハッチングで補助をして移植しましたが陰性。
しばらくお休みをして、体調と精神を整えて4細胞をアシステッドハッチングして移植しましたが陰性。

陰性・陰性・陰性、と続くと悲しいですが、毎回、移植前の受精卵は元気だし、胚盤胞まで成長する確率は人並みなんですよね。(←胚盤胞まで育つ確率は30%程度)

どうか、今回の採卵も元気な卵が取れて、良い結果がでますように・・・