心配そうな妊婦
妊娠中は葉酸を1日400㎍摂りましょう。

こんな風に言われると、「1日でも葉酸を飲み忘れたら、お腹の赤ちゃんに悪いことが起こってしまうのでは・・・?」と心配になりますね。

安心して下さい!
葉酸を飲んでいなくても、元気な赤ちゃんを出産しているママはたくさんいます!
大丈夫ですよ!

たとえ、数週間葉酸を飲んでいなかったことに後から気が付いたとしても気にしないで下さい。
「飲み忘れ」を気にするストレスの方が、赤ちゃんに悪いですよ。
気にせず、今日からまた葉酸を飲み始めて下さいね。

葉酸を摂る意味は

解説
改めて確認しましょう。

葉酸は、病気を治すために飲むわけではありません。
リスク低減(予防)のために飲みます。

このリスクと言うのが、

  • 神経管閉鎖障害
  • 流産

と、かなり深刻な内容なため、これを知ると葉酸の飲み忘れが恐ろしいものに感じてしまいます。

でも、実は葉酸を飲んでいる妊婦さんは、胎児の成長のメリットデメリットに敏感な女性が多いです。

マジメに頑張っている方が多いのです。

中には、出産してから葉酸のことを知るママさんもいるんですよ!
ちょっとビックリですよね!
でも、葉酸のことを知らなくても、赤ちゃんが元気なら、必要以上に心配しなくても良いと思いませんか?

もちろん、妊娠前から葉酸を飲んでいるのが1番安心です。
でも、飲んでいるのは確実に必要な量の葉酸を摂取して、胎児の成長をサポートするためです。

お腹に来てくれた赤ちゃんには、きっと元気に生まれるためのチカラが備わっています。
心配なことがあった時は、ママは赤ちゃんのチカラを信じることを忘れないで下さいね。

葉酸は普段の食事からも摂取できる

野菜
もし、普段から葉物野菜を多く食べているようなら、400㎍に及ばないとしても多少の葉酸は食事から摂取できています。

つまり、葉酸ゼロの日はないのです。

栄養素は、1日単位で目標量を摂取するのが望ましいですが、中にはそれが難しい栄養素もあります。
そんな時は、1日ではなく2日、3日と、少し長い期間で栄養素を補えれば良いのです。

「昨日、葉酸を飲み忘れちゃった」と言う場合は、今日、葉酸が多めの野菜を使ったメニューに変えてみましょう。(注意!葉酸サプリを2日分まとめて飲むのはダメですよ!)

葉酸は水溶性ビタミンのため、余分な量は尿に溶けて排出されます。
食事からの葉酸は利用効率が良くない場合があるので、過剰摂取をほとんど気にしなくて大丈夫です。

妊娠中の食事管理はとても大切なことですが、気にしすぎるとストレスのモトです。
もし、神経質になっているかも・・・と思い当たる節があるのであれば、少しリラックスしてみましょう。

定期購入なら買い忘れ防止に!【ベルタ葉酸サプリ】