年間10万円以上、或は所得金額の5%以上の場合、誰でも医療費控除申請をすることができます。
この金額には、不妊治療にかかったお金も含まれます。
人工授精や体外受精を受ける場合は年間10万円以上かかる可能性が高いので、領収書は必ず保管しましょう。
⇒医療費控除申請の方法

控除

医療費控除申請のための条件

1年間(1月1日~12月31日まで)で医療費を総額10万円以上支払っていること。

ここで言う「医療費」には、

・診察料(保険診療も自費診療も含む)
・薬代(処方薬だけでなく、ドラックストアなどで購入した風邪薬も可能)
・病院までの交通費(電車・バス・タクシー代など)
・手術費用
・入院費用

などです。

不妊治療は診察料自体が高額の場合もありますし、頻繁に通わなくてはならないため、交通費もかかります。
また、ホルモン治療が必要な場合は薬代もかかりますね。

「計算してみたら、意外とお金がかかっていた!」と言うこともあるので、病院でもらった領収書は必ず保存しておいてください。
交通費はタクシーの場合は領収書が必要になりますが、電車やバス代はメモでもかまいません。

もちろん、不妊治療以外に風邪をひいた時の治療費や、旦那さんの虫歯治療費など、他の病院や家族が行った病院の治療費も全て合算して大丈夫です。

しかも、過去5年間さかのぼってそれぞれ1年毎に申告することが可能なんです!
2016年の申請受付は3月15日までです。
もし、間に合わなかったら、来年の申請受付期間中に申請しましょう。

どうやって申請するの?

説明する
医療費控除申請は、確定申告の一部です。
なので、税務署で確定申告時期に申請します。
年度により日付は変わりますが、翌年の2月中旬~3月中旬くらいまで申請を受け付けています。(2016年の受付は3月15日までです)

ちなみに、夫婦共に収入がある場合は収入の多い方で申告した方が返還額も多くなるのでお得です◎

会社員だと確定申告を自分でしませんが、医療費控除申請をする場合は、忘れずに期日までに税務署へ行きましょう。

必要なものは?

・源泉徴収票(会社員の場合のみ。個人事業主の場合は確定申告と同時にできます。)
・病院、薬局の領収書
・交通費を証明できるもの(領収書、メモなど)

申請手順

パソコン操作する主婦
申請には2通りの方法があります。

1、印鑑と源泉徴収票、領収書を持って税務署に行く
毎年「初めて申請する人」がたくさんいますし、年に1回のことなので申請に慣れていない人ばかりです。
会場でスタッフに聞きながら申請できるので安心です。

2、インターネットを使って申告書を作成し、プリントアウトして押印したものを郵送または税務署に持ち込む
不妊治療は通院日数が多く、その場でデータを入力するのは手間なので、パソコンが使えるならインターネットの方がラクでおすすめです。

【インターネットでの申告書類作成方法】
国税局から医療費控除の申請方法の動画も公開されているので、こちらを見るとわかりやすいと思います。
※ExcelとAcrobat Readerが必要です。

まず、国税庁が運営する医療費控除の準備等から医療費集計フォームをダウンロードします。(Excelが開ける環境が必要です)
医療費集計フォームに
・通院日
・金額
・通院した人
・通院目的
・病院名
・病院所在地 等
を領収書ごとに入力します。
※自宅にプリンターがない場合は、ここまで行ってUSB等にファイルを保管し、続きを税務署のパソコンで行うこともできます。

次に、確定申告書作成コーナーで申告書を作成します。

作成されたpdfファイルを開き、プリントアウト(白黒可)して下さい。
1枚目に押印し、添付書類台紙に源泉徴収票を貼って、まとめた領収書と一緒に税務署に持って行きます。
控えページにも税務署で受付ハンコを押してもらう必要があるので、全部持って行きましょう。

領収書は税務署に提出すると戻って来ません。
必要な方は税務署で「医療費の確認」をしてもらうと領収書を持ち帰ることができます。

どのくらい返ってくるの?

いくら?

医療費控除の対象=「医療費」-「保険などの補てん費」-「10万円」

この公式が独り歩きしているので、出た金額が返ってくると勘違いしている人もいます。

例えば、医療費が18万円かかり、保険などの補てんがなかった場合、8万円が控除対象になります。
8万円そのまま返還されるわけではなく、納めた所得税から8万円分の控除分が返還されます。
所得税が高い人ほど返還額は大きくなり、所得税を払っていない人は返還されません。

また、翌年の住民税も控除対象になります。

お金がなくても、不妊治療を諦めないで下さい

なかなか赤ちゃんを授からないことで悩んでいる夫婦は年々増えています。
困ったことに、その半分は原因不明の不妊です。

不妊治療は、タイミング法⇒人工授精⇒体外受精と進めて行くわけですが、お金が高くて途中で断念する人も少なくありません。

でも、治療費を理由に赤ちゃんを諦めることはできませんよね。
一生の問題です。
まずは治療にかかる費用を認識しましょう。
⇒不妊治療の進め方、いくらかかる?

高い!と感じても、控除等を利用すれば多少負担を減らすことができます。

また、体外受精は自治体が定める補助金を受け取ることもできます。
補助金の金額や条件は自治体によって異なりますので、お住いの地域で調べてみましょう。