インプランテーションディップ

着床時期の高温期7日~10日頃に、基礎体温が1回下がったことはありませんか?
もしかして、インプランテーションディップかも・・・?

妊娠経験のある方なら、聞いたことがあるかも知れませんが、多くの方は、初めて聞く言葉ではないでしょうか。

海外での報告はありますが、日本はまだその症状についてあまり知られていなく、実際に自分がなったとしても気づかない場合があるそうです…

何だか、危険?不安な気持ちになりますが…
その症状や原因について紹介したいと思います。

インプランテーションディップとは?

インプランテーションディップとは、排卵後の高温期の途中で、基礎体温が一時的に下がる症状のことを言います。

アメリカでは、この基礎体温が下がる症状を、着床現象・妊娠兆候の一つとして広く知られているそうです。

目安として、高温期7日目から10日目あたりで前日との体温差が0.17℃以上ある場合が多く、低温期並に低くなることもあります。
下がるのは1日程度で、翌日には高温期の体温に戻ります。

なぜ、着床時に基礎体温が下がるの?

基礎体温

女性の基礎体温は、低温期と高温期の2種類があり、この二つが交互に繰り返すことで、生理周期や排卵日などが決まるのです。

・生理の開始日~排卵後の数日間までが低温期
・排卵の数日後~次回の生理開始日までが高温期

よって、着床のタイミングは高温期中なため、インプランテーションディップ症状は、大体高温期の7~10日目頃と予想されます。

黄体ホルモンって聞いたことあると思いますが、この黄体ホルモンは体温を上げる作用、つまり高温期に多く分泌されます。

通常生理予定日になると、黄体ホルモンの分泌が減り、低温期になることで生理が始まるのですが、妊娠した場合は生理予定日を過ぎても黄体ホルモンの分泌が続くことで、高温期の状態を保つのです。

つまり、生理予定日が過ぎても高温期が続くと、妊娠の確率が高いということですが…
正常な排卵が行われているのが条件で、必ずしも妊娠したと断言はできないのです。

ただし、インプランテーションディップ症状についてはまだ研究段階で、はっきりした原因はまだ分かってなく、専門家によると、着床時に基礎体温が下がるのは妊娠以外にも、流産の可能性もあるそうなので、不安な時はすぐに受診しましょう(・。・;

他にも、基礎体温の量り間違いが非常に多いそうなので、普段からよく観察して・しっかりチェックするようにしましょう!

では、どのくらいの確率で、妊娠したと判断できる?

妊娠?

そうですね~

データによると、妊娠した女性の約20%くらいが、着床時にインプランテーションディップ症状が現れたと報告されています。

データを見る限り、それほど高い確率でないので、妊娠かどうか判断しにくいですよね(;´Д`)

インプランテーションディップ症状の他に、次のような症状がある場合は、さらに妊娠の確率が高くなります!

下腹部の痛み
のハリ、乳首の痛み
消化不良
・胃が、ムカムカする
・頭痛、風邪っぽい

これらは、着床時に非常に多く見られる症状なので、インプランテーションディップ症状にどちらかの症状が伴う場合は、妊娠の可能性がぐっと上がります。

インプラーテーションディップかも…と思ったら

風邪薬や鼻炎薬などを飲むのは止めておきましょう!
万が一、妊娠だったら後で後悔することになります。
体調が悪い時はで安静にして、気持ちをゆったり構えましょう。

タバコやカフェインの多いコーヒー、アルコール類も控えた方が安心です。
神経質になる必要はありませんが、妊娠超初期に気が付かずに飲んでしまって、心配する妊婦さんは少なくありません。
今後の安心料だと思って行動しましょう。

葉酸サプリを飲んでいなければ、飲み始めて下さい。
葉酸は、胎児の正常な成長に欠かせない栄養素で、妊娠5~6週目に最も需要が多くなると言われています。
インプラーテーションディップが起こるのは、妊娠3週目に当たるので、まだ間に合います!
サプリが苦手な方は、ほうれん草や小松菜など、葉物野菜に多く含まれているので、積極的に食べるようにしてみてはいかがでしょうか。

インプラーテーションディップは、着床が始まった時期です。
母体が摂取した物が血液を通して胎児へ供給され始める時期とも言えます。
今後の不安要素はなるべく取り除けるように、配慮しましょう。

妊娠超初期の過ごし方

妊娠超初期は、様々な不思議な症状が多く見られるものの、妊娠と気づかずに風邪薬などを飲む方も多いです。

生理や排卵周期が正常性行為があり、生理予定日を過ぎている時は、まず一度妊娠を疑ってみましょう。

>>妊活するなら葉酸でしょ!人気No.1葉酸サプリ